■スロウアイコートをニットで作りたい
■転載不可

スロウアイコートは布帛推奨アイテムですが、工夫次第でニットでもお作りいただけます。
ニットで作るとさらに体になじみ、動きやすく柔らかい雰囲気の仕上がりが期待できます。
ニットで作る時のコツと注意点をまとめました。


スロウアイコート ニットで作る時のコツ

スロウアイコート ニットで作る時のコツ



ニットで作るとまた違った印象の、肩ひじ張らない1枚をお作りいただけます。
ニットと一言で言っても性質、特徴などそれぞれ違うため、
ここでご紹介することが生地によって、当てはまる場合もそうでない場合もあります。
ご理解の上、読み進んでいただけるとありがたく思います。
ある程度(トレーナー地程度以上の)厚みがあるニットを想定しています。

◆生地選び

伸縮性低めの、しっかり目のニット素材が適しています。
面積が広いので、あまり重すぎるものは着心地に影響します。
多少(多少です)張りがある方が向いていると思います。

◆袖口、裾は三つ折りではなく折り上げてロック+ステッチ始末

布帛では三つ折り仕様ですが、ニットで三つ折りをすると厚みが出るため、
ロックをして折り上げる仕様がベターです。
縫い代幅はそのままでかまいません。

◆ポケット口に芯を貼る

ポケット口は「わ」になっていますが、そのままだと伸びる可能性が高いです。
そのため、ポケット口に、表側にも裏側にもかかるように、芯を貼ります。

◆ポケット中縫いは0.5cmで縫う

ニットは厚みがあり、厚みに取られて(ポケットの)サイズが小さく仕上がるのを防ぐため、縫い代幅を0.5cm巾で中縫いし、表に返します。
ポケットの返し口は手まつりでとじます。

◆裏衿は別布で

共布で裏衿を作ると、厚みで角が綺麗に出ない、厚みに取られて衿外回りの寸法が足りず衿が綺麗になじまない、ということで、裏衿は別布が自然です。
私は薄手の布帛を使用しましたが、出来上がったものを確認してみて、薄手のニット(柔らかい天竺など)が良いのではないかという結論になりました。

◆後ろ見返し部分は、場合によっては別布で

共布でもOKですが、折り込んだものを後ろ身頃に縫いとめることで厚みが増し、表にあたりが出る場合がございます。

◆後ろ中心は「わ」で

パターン上では直線の切り替えですが、布帛ではポイントになるものの
ニットの場合は、距離の長い縫い合わせは少ない方が自然であるという事から、後ろ中心は「わ」で裁断する方が良いと考えました。

◆衿は縦地の目で裁断

縦と横が違うので、ニットは柄物と同じ扱いです。

思いつくまま記載してあり、作業手順などが前後しています。
素敵なもう1枚がお作りいただけますように。

スロウアイコート ニットで作る時のコツ

PAGETOP